離婚の慰謝料請求にはクリアするべき条件がある

準備から法廷まで一貫してサポートしてくれる!

離婚の慰謝料請求にはクリアするべき条件がある

カップル

慰謝料が請求できる条件

離婚に至る原因は様々です。しかし、その中で慰謝料の請求ができる場合は限られています。基本的には、相手の落ち度で離婚を余儀なくされた場合にしか慰謝料は請求することができません。もちろん、自分の側に落ち度がないことも条件となります。
例えば相手から暴力を受けていたという場合や、相手が浮気をしたという場合には、慰謝料を請求できるわけです。どちらが悪いとも言えない原因で離婚をする際には、財産分与はなされますが、慰謝料の請求はできません。

弁護士の役割について

慰謝料の額は、一般的に数百万円が相場です。しかし、その額は弁護士を雇っているかどうかで変動することがあります。弁護士を雇えば、証拠集めの段階からしっかりと働いてもらえます。その結果、慰謝料の額が上がる可能性は出てきます。
また、離婚時には慰謝料以外にも問題が発生します。親権の問題で争う場合や、財産分与の額に満足ができない場合にも、弁護士がいれば力になってくれます。何より精神的な安定が手に入るのが大きいです。

弁護士を雇う場合の費用相場

離婚弁護士を雇ったときの費用相場は、およそ60万円ほどです。着手金として30万円程度支払い、仕事が終わった後に残りの30万ほどを支払うスタイルとなります。また、慰謝料の額が弁護士の活躍でアップした場合には、その利益の10%ほどを追加で支払うケースもあります。
ただ、依頼者の年収によって慰謝料額も変わってきますから、ケースバイケースで大きく差が生まれることは考えられます。依頼する弁護士によっても差は生まれるので、相場より安くすることも不可能ではありません。

弁護士を雇う場合と雇わない場合で異なることは?

弁護士を雇えば相手と距離が取れる

離婚弁護士を雇うと、その人を介して相手と協議を進めていくことができます。離婚原因によっては相手と話をしたくない場合もあるでしょう。相手から暴力を受けていた場合には、顔を見るだけでも精神的な苦痛を感じることがあります。弁護士に間に入ってもらえれば、精神的な苦痛を最小限に抑えることができます。

慰謝料の額が変わることもある

離婚で発生する慰謝料の額には、明確な基準がありません。双方の主張や出された証拠を元にして金額を決めていくことになります。そのため、弁護士を雇って正しく主張をしてもらうことができれば、慰謝料の増額を勝ち取れる場合があります。

離婚に関する疑問にお答えします!

裁判をする必要はありますか?

多くの離婚が、協議だけで終了しています。協議だけで解決することが難しい場合には、調停という手法が取られます。それでも双方の合意が得られない場合にのみ裁判をすることとなります。裁判離婚は離婚全体の2%ほどなので、数は多くありません。

慰謝料額の相場について教えてください。

慰謝料の額は一般的に、50万円から500万円ほどの範囲になります。中でも、300万円付近が最も多くなっています。精神的な苦痛に対する補償なので、財産分与とは違い、相手方の年収が高い場合でも大きな額にはなりにくいです。

離婚成立までにはどのぐらいの時間がかかりますか?

協議離婚の場合であれば、早ければ一日で離婚が成立することもあります。また、別居をしながらゆっくりと話し合いをするなら、数年かかることもあるでしょう。協議離婚はお互いの意思次第で期間は大きく変動します。調停離婚なら半年ほど、裁判離婚なら一年ほどが平均値になります。

弁護士に相談するタイミングで最適なのは?

離婚弁護士を雇うタイミングは、早いに越したことはありません。実際に相手と離婚についての話し合いをする前から相談をしておくのがベストです。そうすれば、最初から弁護士のアドバイスの下で適切に行動していくことができます。

広告募集中