離婚の慰謝料請求は信頼できる優秀な弁護士に依頼

女性

慰謝料の請求方法

慰謝料の請求の仕方に、明確な決まりはありません。まず申し込みですが、これは口頭でも構いませんし、書面で行っても構いません。自分の意思を相手に伝えれば、それで申し込みは完了となります。
後々のトラブルを防ぎたいなら、内容証明郵便にて申し込みをするのがおすすめです。内容証明郵便は裁判時にも大きな証拠になるからです。言った言わないの議論を回避することができるので便利です。
ただし、慰謝料を請求できる権利が自分にないと意味がありません。自分の側に過失や権利の侵害がないか確認をした後に請求をするのが基本です。

相続の際に必要になる手続きとは?

どのような相続手続きが必要になるかは、それぞれのケースで変わります。遺言が残されている場合であれば、まずは遺言書の検認から行わなければいけません。遺言には法律で定められた書式があり、それが守られていないと効力がなくなるからです。遺言書の検認は、家庭裁判所でしてもらうことができます。
遺言がない場合は、遺産分割協議に入ります。相続人が少ない場合にはこの手続も省くことができます。
遺産の確認をした後にマイナスの資産しかないなら、相続放棄の手続きを行うこともあります。
また、後日相続の権利があったことが判明する場合もあります。その際には、遺留分減殺請求という手続きに入ります。

離婚の際に慰謝料の他にもらえるお金

財産分与により共同資産のおよそ半分がもらえる

離婚時には、財産分与が行われます。夫婦共同で築き上げた資産の半分ほどが自分のものとなります。不動産や夫婦共同の預貯金などの半分ですから、割と大きな金額になるのが普通です。ただ、場合によっては資産形成の寄与度が考慮され、割合が変動することはあります。

子どもを育てていく場合には養育費がもらえる

子どもがいる場合は、養育費も発生します。離婚をすれば夫婦関係は解消されるのですが、どちらも子どもの親であることに変わりはありません。子どもには親に養ってもらう権利があるので、子どもの世話をする側に養育費を請求する権利が生まれます。

別居をしている場合には婚姻費用が発生することも

例えば、夫から暴力を受けていた妻が離婚協議中に別の場所に住むこともあります。夫には妻に通常通りの生活を営ませる義務があります。そのための費用のことを婚姻費用と言うこともありますが、離婚時にはこの費用まで請求可能です。

こちらもチェック!おすすめ記事

カップル

離婚の慰謝料請求にはクリアするべき条件がある

相手に落ち度があって離婚をしたい場合は、慰謝料の請求ができる可能性があります。弁護士を雇うと、慰謝料の額をアップさせることができるかもしれません。裁判時だけではなく、協議時にも調停時にも頼りになるので、離婚時には弁護士の利用を検討しましょう。

READ MORE

弁護士を雇う際に重視されているポイントTOP5

no.1

専門性が高い弁護士かどうか

弁護士と一口に言っても、それぞれ得意にしている分野が異なります。離婚問題に強い弁護士もいれば、相続問題に強い弁護士もいます。専門性が高い弁護士に依頼をすればより満足度が高まるので、この点は重視されています。

no.2

気さくで話しやすいかどうか

気さくで話しやすい人かどうかも、弁護士を雇う際には重視されています。特に離婚時には、家庭内の事情についても詳しく話をしなければいけません。話しやすい雰囲気があるかどうかは重要です。女性の場合は、同性の弁護士を選ぶ確率が高めです。

no.3

費用がどのぐらいかかるかも重要

有名で経験も豊富な弁護士は、一般的にコストがかかります。逆に若手でまだ実績をそれほど積んでいない弁護士は、安く雇うことも可能です。どのぐらいの費用がかかるかは弁護士によって違いますし、この点も考慮されます。

no.4

有名かどうかで選ぶ人も多い

メディアに出て活躍をしている弁護士は、人気を獲得しやすい傾向にあります。顔を知っていると安心感が生まれますし、メディアに出られるというのは有能である何よりの証だからです。有名かどうかで弁護士選びをする人も多いです。

no.5

大手事務所なら安心感も強い

東京や大阪のような大都市においては、弁護士事務所も巨大化する傾向があります。弁護士法人と呼ばれる超大手事務所には、数百人もの弁護士が在籍しています。そのため、離婚問題から相続問題まで様々な法律トラブルを相談できます。大手なら安心感が違いますから、事務所の規模で選ぶという人も多いです。

[PR]町田で弁護士に相談
安心して話をすることができちゃう

[PR]離婚時の慰謝料請求の方法を紹介
離婚を検討しているなら確認しよう

[PR]相続トラブルは弁護士事務所に相談しよう
事前に基礎知識をcheck☆

[PR]離婚に伴う慰謝料トラブルを回避!
新たなる人生を歩もう

[PR]大阪で弁護士を頼ろう!
1人で悩みを抱えこまないで

広告募集中